気になるウォーターサーバーのお値段は?

無料化が進むレンタル費用

ウォーターサーバーを使うとどのくらいのお金がかかるのかはよく問題にされる点です。ウォーターサーバーの提供業者が増えてきた影響もあり、価格競争が激しくなって全体的に費用は下がる傾向にあります、特にウォーターサーバーのレンタル費用については無料化が進んでいて、新参の業者ほど無料で提供しているのが現状です。メンテナンス費用についても無料にしている業者が多く、実質的にかかるランニングコストは水の購入費用と電気代程度になってきています。初期費用や水の宅配費用もほとんどの業者が無料にしているので、少しでも安いウォーターサーバーを導入したいと考えたら重要なのは水と電気の二つに着目すれば十分になっているのです。

ランニングコストは様々

ランニングコストについてはウォーターサーバーの選び方と使用量によって様々です。電気代についても電力自由化の影響によって一概にいくらとは言えなくなりました。安いものでは300円程度、高い場合には1500円程度がかかるという考え方が適切です。水の料金については12Lボトルがスタンダードになっていて1000円未満ものから2000円以上のものまでかなりの差があります。飲水だけに使う場合にはあまりコストはかかりませんが、料理にも使用すると消費量が増えるのでコストがかさみがちです。しかし、それで美味しいものが食べられるなら良いと考える人もウォーターサーバーの利用者には多くなっていて、概して使っていると利用量が増える傾向があります。

水のサーバーは温度調節のために常に電源を入れた状態になっていることから、電力消費量が嵩む傾向があります。また、タンク内の水を清潔に保つため、機器を掃除する際は無暗に開閉部を触らないことが大切です。